デジタル放送やブロードメディア関連のリーディングカンパニー「メディアキャスト」

製品情報

HTML5簡易CG作画システム

GPX-5

GPX5(ジーピーエックス ファイブ)とは

HTML5で記述されたプログラムにより生成されたグラフィックスを、放送品用のビデオ信号としてリアルタイム出力するシステムです。従来のような大規模な専用CGテロップシステムを必要とせず、HTML5プログラミングだけで自由に放送用の作画システムを構築することが可能で、双方向番組や気象情報、選挙開票、ニュースCGなど、様々な用途で活用出来ます。またHTML5による今後のWeb連携やスマホ連携、Hybridcast対応も容易に可能です。

DatCaster CloudM3の特徴
  • HTML5により作画されたCGを放送用ビデオ信号としてリアルタイム出力するシステムで、HTML5の知識があれば誰でも自由に作画プログラムを作成出来ます。
  • HTML5による作画プログラムではJavaScriptが使用出来るため、動的なコンテンツはもちろんのこと、WebSocketやWebAPIなどを使用することで外部システムとの連携も容易で、スクリプト制御による条件分岐などのロジックを組み込むことも可能です。
  • 出力信号はHD-SDI信号(FILL & KEY)で出力されるため、映像合成や半透明効果が容易で、番組演出効果を各段に向上させます。
  • データ放送を使った双方向番組での投票結果や、報道番組、スポーツ、選挙速報、気象情報など、幅広い用途で活躍します。
  • HTML5で作画プログラムを記述することで、Web連携やスマホ連携、Hybridcast対応も容易に可能です。
  • ニュースや投票結果表示のHTML5作画テンプレートを標準搭載しており、HTMLプログラマによるカスタマイズに対応します。
GPX5の仕組み
GPX5の仕組み
PageTop