デジタル放送やブロードメディア関連のリーディングカンパニー「メディアキャスト」

製品情報

デジタルデータ放送用受信機検証システム

ShotMUX Complete

ShotMUX Complete(ショットマックス コンプリート)とは

ShotMUX Complete(ショットマックス コンプリート)とは

デジタルデータ放送用に制作された番組コンテンツを市販のデジタル放送用の固定受信機やワンセグ受信機で動作確認を行うことが可能な受信機検証システムです。

ShotMUX Completeの特徴

コンテンツ制作環境の大幅なコスト削減が実現

受信機依存度が高いデジタルデータ放送用コンテンツ制作において、デジタル放送受信機による動作検証を最も重要な作業工程と言えます。その動作検証を制作工程段階で実際に市販されているデジタル放送用受信機器で動作検証が行えることで、コンテンツ制作環境の大幅なコスト削減を実現します。また同時に複数の市販受信機での動作検証が可能で、視聴者と同じ最新の受信機ファームウェア環境で動作確認を行いながらデジタルデータ放送用のコンテンツ動作検証が可能となり、制作環境の効率化と共に未然に放送事故を防ぐことにもつながります。

必要最低限の簡単な設定だけで動作検証を実現

ShotMUX completeは、デジタルデータ放送用番組記述言語であるBCML[Broadcast Contents Markup Language]で記述されたコンテンツを、データ放送の伝授方式であるカルーセル化及びTS生成すると同時に、本線映像素材(MPEG-2 TSなど)と多重化処理を行い、OFDM変調しRF信号として出力します。大規模な検証システムとは異なり、1台のPC上で必要最低限の簡単な設定を行うだけでデータ放送コンテンツの動作検証を実現し、試行錯誤繰り返すコンテンツ制作の効率を大きく向上させると共に、HDD付き受信機へ収録しリモコンを使った受信機による効率的なデータ放送デモンストレーション等を容易に可能とします。
PageTop